「ほっ」と。キャンペーン

VINTAGE & ROCK & SKATE & HIPPIE & MORTORCYCLE & HAPPY 古着屋 GIANTBABY(ジャイアントベイビー) 13:00-21:00  大阪市西区南堀江2-10-9  TEL 06-6536-0359


by giantbaby
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ヘラクレス

c0078333_2372722.jpg


HERACULES(ヘラクレス)てなんと強そうな名前でしょうか。
響きが、最高でテンションが上がります。まさしく、ヘラクレス・・・。

男は、皮ジャンでしょう?男は、一度はライダースに袖を通しましょう。

気合が、入ります。
by giantbaby | 2006-08-29 23:08 | LEATHER(ライダース) | Comments(0)
すいません、完売です。

c0078333_32644.jpg


DELMAR(デルマー) SPRING SPIRITと見てまず最初に何を思いつきますか?

1975年の4月にベーン・キャデラック・ナショナルズのスケートボード大会が行われた場所。

Z-BOYSがデビューし、革命が起こった場所。

DOGTOWN & Z-BOYSと思いついた方は、何人いるでしょーか?

しかも、70’S物でSPRINGって4月?もしかしてと・・・。

私は、このTシャツに出会った時にすぐに思いつきテンションが上がりました。

私は、病気でしょうか?

最近、フットボールTシャツが大人気みたいです。

特に、チャンピオンのナンバリングは異常みたいで凄い値段で、すぐ売れていくらしいです。

しかし、私の中ではどんなチャンピオンのフットボールTシャツよりも、コイツの方がカッコイイと思います。

チャンピオンみたいに、いい値段は付けられませんが・・・。
by giantbaby | 2006-08-29 03:03 | DOGTOWN&Z-BOYS | Comments(0)

ミラクル ポリシャツ

c0078333_1135951.jpg


70’Sのポリシャツです。

このテロテロ素材、このインポクト、柄の種類の多さと面白さにやられ、ポリシャツにはまり過ぎて、夏でも着てしまう人も、多いでしょう?

実際、私も夏も着ますがポリシャツは通気性が悪く以上に暑いですが・・・。

ポリシャツは、普通柄々の生地で作っています。

本当に極稀にこのような、1つの絵を描いたものがあります。

中でも、このような綺麗で、面白い絵のものは見た事ないでしょう?

本当に、ミラクルな1点です。

前は、黄色地にパラシュートを開いたパイロットが描かれています。

後ろの絵で墜落している飛行機から、脱出したパイロットだと想像出来ます。

部屋の飾りとしても、最高だと思います。

絵を買う感覚になると思います。

最近、いい古着が減っており、これからビンテージがアンティークになってしまい着るものから飾るものになりそーで怖いです。

古着=宝物

私は、昔から古着=宝物と思っていますが、やはり気軽に着たいです。

でも、本当に気にいっているものは、どーしても気軽にきれませんが・・・。
by giantbaby | 2006-08-28 01:16 | 酒のあて | Comments(0)

thrash thrash スラッシャー

c0078333_0275831.jpg


何故、こんなにTHRASHERのロゴはカッコイイのでしょうか?

THRASHERは、何故こんなにコアなのでしょうか?

THRASHERの定番のロゴの物は、現行でもOKです。

そりゃーOLDの方がいいですが・・・。

THRASHERは、1981年に純粋なスケーターのために創刊された「スラッシャー・マガジン」のアパレルラインとしてスタートしました。

西海岸リアルストリートのテイストをメインに、コアなスケートスタイルを提案しています。

スケート・アンド・デストロイ!!

まさにこのタイトルがスラッシャーマガジンを象徴する言葉です。

70年代までの大衆スポーツのノリからストリートのハードなアクション・スポーツと捉え、よりコアなスケートボーダーたちの物となっています。

また、ブラックフライやスイサイダルといったハードコア・パンクやパスヘッドなどのローブロー・アートも同時に取り上げる事で、単なるスポーツではない音楽やアートもクロスオーバーした、ユース・カルチャーのバイブルといえる数少ないメディアとなりました。

そんな唯一無二のスケート誌として親しまれてきたスラッシャー誌の創刊25周年となりました。

今回、掲載した物は初めて見ました。

タグは切れていますが、ボディは80'S前半までの物と思われます。

たまに見るヘインズ、オニータタグの80'S後半~90'S前半の物より古いです。

初期のスラッシャーのTシャツのボディは、バラバラだと聞いた事があります。

もしかしたら、コイツは初期の物かもしれません・・・・。

と言うか、純粋にデザイン、色合いがカッコ良すぎます。

ビールを、THRASHしたくなります。
by giantbaby | 2006-08-27 00:54 | オールドスケート | Comments(0)

アメリカ建国200周年

c0078333_23485130.jpg


星条旗柄の服を見ると、西城 秀樹という方が多いです・・・。

1776年、アメリカが建国しました。

そして、1976年が建国200周年でした。

そのため、70年代の星条旗柄の物は、1976年に建国200周年の記念で作られた物が多いみたいです。

何故、星条旗を見たらテンションが上がるのでしょうか?

イージー・ライダーを見たせいでしょうか?

ロッキーを見たからでしょうか?

ランディー・サベージが好きだからでしょうか?

テンションが上がるのは、私だけでしょうか?

古着好きなら・・・。

今、店にある星条旗物はベルボトム、カットオフ、スカート、フォトプリのポリシャツです。

中でも、フォトプリのポリシャツが気に入っています。

前は、無地なので着易くかっこいいです。

以前は、スカートと一緒の生地を使ったスキージャケット、パンツと一緒の生地のシャツ、つなぎがありました。

星条旗柄を見つけると、ついついどんな物でも買って来ちゃいます。

ちなみに、私のヘルメットはジェットヘルじゃないですが、星条旗柄です。

そして、アメリカンのバイクを乗る日が来れば、絶対に星条旗のジェットヘルを買います。

そう言えば、店の備品入れ、ファイルも星条旗柄です。
by giantbaby | 2006-08-20 23:52 | 酒のあて | Comments(0)
c0078333_0461979.jpg


80'S カリスマバンド?のANTHRAX(アンスラックス)のLPです。

このジャケのTシャツもしくは、ポスターが欲しいです。

ちなみに、ANTHRAXの意味は、炭疽菌です。

そのため、同時多発テロ後の炭疽菌騒動時に名前をめぐりひと悶着ありました。

最高に、スラッシュしています。

なんせ、ジャケがやばいです。

これぞ、80’Sと言うスタイリングです。

カッコ良すぎます。

ダサすぎます。

最高です。

髪型最高です。

ケミカル気味のGパンはキツイですが・・・。

アンスラックスは、82年スコット・イアン(g)、ニール・タービン(vo)、ダン・スピッツ(g)、ダン・リルカ(b)、チャーリー・ベナンテ(ds)の5人で米ニューヨークにて結成しました。

83年「フィストフル・オブ・メタル/FISTFUL OF METAL」でデビューします。

ジョーイ・ベラドナ(vo)、フランク・ベロ(b)を迎え、'85年2作目「狂気のスラッシュ感染(SPREADING THE DISEASE)」を発表します。

当時盛り上がりつつあった"スラッシュ・メタル"に、メロディアスなヴォーカルをのせるという彼らのスタイルは、大きな話題を呼びます。

そして、PUBLIC ENEMYと共演、この共演はロック・バンドとラップ・グループの共演の先駆けとして話題を呼びました。

2005年4月1日(エイプリルフール)、バンドは公式記者会見を開き、ジョーイ・ベラドナ(vo)、ダン・スピッツ(g)を含むラインナップでの再結成ツアーを発表し、このツアーを収録した『ALIVE 2』(DVD+CD)を制作しました。

そして、なんと今年LOUD PARK 06 出演決定しています。
by giantbaby | 2006-08-17 00:47 | 酒のあて | Comments(0)

70年代最強タッグ

c0078333_22515093.jpg


ハーレー ダビットソンのチャンピオンボディーのタンクトップです。

袋入りデットストックSサイズです。

チャンピオンとハーレーの夢のタッグです。

言うなれば、ホーガンとハンセンのタッグみたいな感じです。

ハーレーのマークとEVERYTHING ELSE IS WAKINGと言うメッセージが書いてあります。

他の何もかもが、歩いています。もしくは、目覚めています。と言う意味だと、思います。

タグは、ボックスのトリコタグなので70’S初期~80年代初期の物と考えられます。

私は、個人的にはチャンピオンは88コットン、リバーシブルの物が大好きです。

最近、チャンピオン人気が高くビックリしています。

私も、探しています。

着心地、気安さなどを考えれば、当然かな?と思います。

私は、2、3年前リバーシブルのランタグのTシャツが着心地が良すぎて、寝間着にしていました。

今、考えると頭が悪かったと思います。

そして今、買値も高くなり大変です・・・。

プリントのデザイン、バランス、印刷の仕方など拘ると本当に欲しいと思うものには出会わないものです。

もし、出会ってしまったら少しくらい高くても、買ってもいいかなて考えています。

だって、チャンピオンは一生飽きがこないからです。

ホーガンとハンセンのタッグだと泥酔しちゃいますね?
by giantbaby | 2006-08-15 22:55 | 酒のあて | Comments(0)

70'S パンツ

c0078333_1393055.jpg


GIANT BABYは、基本的に一部ビンテージ以外はブーツカット、ベルボトム以外のパンツは、置いていません。

ショーパンは、例外で短~いのばっかりですが・・・。

個人的に、ここ何年かストレートが履けません。

ずーと、ベルボ履いているとストレート、スリムを履くと足が短く見える気がします。

私の、スタイルとスタイリングが悪いかもしれませんが・・・。

646、684は色、サイズに拘っているつもりです。

一番、自信があるのは謎の70'Sパンツ達です。

これ、levis?これ誰が履くねん?裾開きすぎやろ?というパンツを何故か集めています。

この何これ?と言う感じが私は、古着の醍醐味だと思っています。

見るだけで、楽しいです。

また、色んな年代のパンツを履きましたが、私は70’Sのパンツはシルエットに関しては一番かっこいいと思います。

70’Sパンツのデザインで、XXの色落ちをする物があれば最強だと思います。

ありえないですが・・・。

でも、欲しいです。
by giantbaby | 2006-08-14 01:51 | 酒のあて | Comments(0)

久々のHEAD LIGHT

c0078333_20354297.jpg


最近、なかなかお目にかからなくなったHEAD LIGHT(ヘッドライト)のカバーオールです。

見ての通り状態は、バキバキです。

また、サイズもレアな38が縮んだ位です。

残念ながら、チェンジボタンではないです。

しかし、50’SのHEAD LIGHTの色落ちは、本当に最高です。

HEAD LIGHTは、鉄道に関係したワークウェアを生産していました。

そして、ブランドのロゴは鉄道のヘッドライトをイメージしたと、言われています。

当時でも、クオリティーが高く人気があったらしいです。

残念ながら、60年代に入りカーハートに吸収されて、消滅しました。

最近、東洋エンタープライズからレプリカが発売されました。

やっぱり、ビンテージのデニムは最高ですね?

芸術です。
by giantbaby | 2006-08-11 20:41 | 酒のあて | Comments(0)
すいません、完売です。

c0078333_0472632.jpg


サンタクルーズの80’Sのパーカー、ビデオ、ステッカーです。

OLD SKATE好きには、一番の酒のあてであるスクリーミングハンドの物です。

サンタクローズが、OLD SK8物では一番人気で探しておられる方も一番多いと思います。

しかし、オリジナルはむちゃくちゃ高いですが・・・。

実際、良く問い合わせの電話があります。

サンタクルーズは、1973年、カリフォルニア州サンタクルーズにてサーフボードカンパニーとしてスタートしました。

その後、サーフボードの余った部材で作った頑強なスケートボードがヒットしました。

私達のイメージでは、スケートですがサンタクルーズの最もコアな部分にあるのは常にサーフィンらしいです。

サンタクルーズのカンパニースピリットは昔から常に、”ハードコア”らしいです。

だから、こんなにコアで最高にかっこいいのでしょー!

このスクリーミングハンドは、巨匠ジム フィリップスがデザインしました。

ジム フィリップスは最近、ビームスとコラボしてスクリーミングハンドの足版をデザインしていました。

私は、やっぱりハンドの方が・・・。

インディペンデントのアイアンクロスも、ジム フィリップスによるものです。

ジムは、エドロス、ボンダッチに並ぶアーティストでしょー!

ホットロッドありサイケありで幅広く、いかにも西海岸系のアートという感じです。

とにかく、彼の作品は全て最高です。

焼酎1本いけます。
by giantbaby | 2006-08-11 00:56 | オールドスケート | Comments(0)